プロジェクト

いこまの輪プロジェクト

いかに親しみやすく防災を伝え、生活の中に防災要素を溶け込ませ、地元の繋がりをつくるか、を考え・取り組むために「いこまの輪プロジェクト」は発足しました。

活動場所・日程など

不定期・イベント毎

プロジェクトを始めたきっかけ

「奈良は守られているから」と考えている人が多いのか、「奈良は絶対に安全」と思っている人が多いように思います。生駒に住む幅広い世代の人たちに、防災に関する意識づけをし、繋がりをつくっていくために、生駒で活動する様々な市民団体のリーダーが集まり、本プロジェクトが始まりました。今後も「楽しい」をキーワードに、幅広い世代の人たちを繋いでいきます。

概要

2017.11.23(祝・木)に、防災を楽しく学ぶことができるプログラム「カエルキャラバン」を開発した、NPO法人プラス・アーツの永田宏和氏を迎え、第一回目のイベントを行いました。
今後も、生駒で楽しいイベントや、色々な団体が連携したイベントを行うためのプラットフォームになるような場を目指しています。
生駒でこんなことやりたい、というご意見・ご要望があればお気軽にお知らせください。

プロジェクト代表:佐藤